ブログ

  • アカシック・セミナーのインストラクターになりたいと思った、私

    2018年02月25日

    太陽のアカシック.シリーズ、その他のワークショップについて、お伝えしていきたいと思います
    興味のある方なら、何方でも参加頂けます

    「セミナー って、楽しんでもいいんや」

    Marronさんとは、2010年アイダホで一緒にシータを学びました
    2008年から、シータを教え始めて、もう10年が経ちました
    あの頃、私は、若かった
    (皆、そうやけど)

    2015年、日本で初めての太陽のアカシック・リーディングセミナーが、終わった時に

    「本当に、楽しかったです、お誘い頂いてありがとうございました」と
    受講生さんが、笑顔で言われました。

    シータのセミナーは「自分を観る」苦しい、辛い事も多くあります
    私も、そうであったように

    笑顔でお礼を、言われる
    初めてです、嬉しかったです
    「セミナー、って楽しくても、いいんや」
    「目から、ウロコ」って、これ

    この時「この、セミナーを教えたい」と
    マロンさんに、インストラクタークラスを作って欲しい、とお願いしました
    私は、インストになりたいと、いう事も
    この、セミナーをもっと、知ってほしいと

    この、クラスは、観る事、リーディングに、重きを置いたセミナーです
    第六チャクラの活性化を、メインに

    ★オーラの観方
    ★音叉、クリスタルボールで、第六チャクラの、活性化
    ★キャンドルからビジョンを観る、読む
    等のワークが、2日目にあります
    皆さんお待ちかねの
    ★自分の事を、読む、自分以外の人、地球等の事を読むリーディングする方法も学びます
    その為の、リラックス、呼吸法、セッションの為のペアワークもあります

    私自身、この、セミナー受講後
    近所でも美味しいと、評判のパンを数人の方に、差し上げたいなと思い
    パン屋へ行く途中
    「フランスパンとくるみパン、どっちがいいんやろ」
    って、思った瞬間
    フランスパンが、4本観えたんです
    パン屋さんに着くと、フランスパンが、ぴったり、4本ありました
    特別な事ではなくて、日常のなかで、気が付くとビジョンが
    観えてる
    感じることが、出来ている
    これ、良いと思います

    マロンさんから頂きました
    葉詩美ちゃんへ
    初めて京都の葉詩美さんのセミナールームを訪れ、彼女と彼女のところに訪れる受講生さんの接し方を拝見した時に、私は(これほどまでに寄り添うことを惜しみなく出来るヒーラーさんは、なかなかいないのではないか)と感じました。葉詩美さんのところにやってくるクライアントさんや受講生さんの中には、一度きりで終わるのではなく、何度もそこに足を運ぶ方も少なくないようです。それは、やはり葉詩美さんの歩み寄りが、そうさせるのでしょう。
    私は、彼女の寄り添い・歩み寄りは、もともと持っている生まれつきの才能のような気がしています。

    葉詩美さんは、お料理(お菓子)の先生でもあるためか、セミナーやワークショップの際に、よく手作りのお菓子を用意します。
    そのこころのこもったお菓子をみんなで一緒にいただくことで、“生まれる時間”も、葉詩美さんのところでしか味わえないものだと思います。

    私が「太陽シリーズ」のいくつかのセミナーを葉詩美さんのところで開催した次の年に、
    インストラクターのクラスも作って欲しいというリクエストをいただきました。
    インストラクタークラスのきっかけを作ってくださった方でもあります。

    葉詩美さんの、母のように力強いエネルギーで、彼女のセミナー・ワークショップが、より生きてくるのだと私は感じています。

    2017年7月23日土曜日(カリフォルニアにて)

    マロン